プロフィール

梶原圭恵

Author:梶原圭恵
大分県出身。9歳よりヴァイオリンを 始め、福岡女学院高等学校音楽科、東 京音楽大学卒業。自身がリーダーを務 めるユニットFiddlasstar(フィドラス ター)では、ジャズ、オリジナルを中 心に各地で演奏活動を行う。2012年Fiddlasstar初のCDアルバムを発売。Voceミュージックスクールヴァイオリン講師。

レッスン・演奏依頼・お問い合わせ

最近の記事

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

FC2カウンター

  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit↓ top↑

形が決め手?

来月の地元コンサートの為、ヴァイオリンのいづみさん宅でリハをしました。
 
 
 
合わせの途中、楽器を置こうとふと自分のケースを見ると、
 
 
 
「にゃあに?」
 
 
 
ヴァイオリンケースににゃんこさま!!
かわいい~
 
 
 
 
「わいの家が~」
 
 
 
 
「昼寝にちょうど良いノニャ」
 
 
 
目の付け所が流石でございます(笑)
 
スポンサーサイト

edit↓ top↑

普段は専ら居酒屋。

先日、
 
 
rireのヴォーカル、ふ~さんの生徒さん主催のお食事会に誘って頂き、普段自分では絶対行かないお店(笑)に行って来ました。
 
 
 
 
 
素敵な前菜
 
 
素敵なホロホロどり
 
 
プリンのふりして絶品茶碗蒸し
 
 
 
などなど、、全部は載せきれてませんが、どれもすごーく美味しかったです
 
 
しかも、サプライズで一足早く誕生日のお祝いをして頂いちゃいました(゜O゜!!!
ケーキに花火が立ってる!
感謝感激です(;o;)
 
 
美味しいお酒に会話も弾んで楽しい夜でした♪
 
建物は純和風の日本家屋で、胸キュンな景色が満載。廊下をうろうろするのも楽しかったです(^^)
 
体の栄養と心の栄養も戴きました☆ごちそうさまでした!
 

edit↓ top↑

復活

10日ぶりに楽器が修理されて戻ってきました。

テールピースの下の板にうっっすらヒビみたいなのがあって修理をお願いしたところ、実はその裏側に古い傷があったそうで、そこからヒビが広がったのでは。。とのコトでした。

うぎゃあ~・・・

楽器の中身はf字孔のあたりしか見えないので奥とか裏とかどうなってるか・・・気づかないうちに何かが起こってると怖いですね

オマエの中身を内視鏡検査してやろうかあ~

さて、加湿加湿


DSC00244_convert_20120118124704.jpg

edit↓ top↑

うさぎも寒い日

DSC00176_convert_20120112231809.jpg

赤いテレビ。


ではなく、ヒーターです。


露天風呂につかる猿のようです。

edit↓ top↑

なんばん往来

DSC00166_convert_20120111131828.jpg
九州のお菓子、なんばん往来。

先日テレビで紹介されたそうです。

確かかなり昔からあって、子供の頃よくCM流れてた記憶があるけど、お土産屋さんではあんまり見たことなかったような。

とにかく「通りもん」の勢いが凄すぎるんだな。。

しかしながら、今回「通りもん」を押し退けて店先に並ぶ「なんばん」さんの姿が。

がんばっておられます。


次回は大分のお菓子「ざびえる」さんを見つけたいと思います。

edit↓ top↑

華丸さん大吉さん


西鉄天神の改札前にて。
やたら力強いお二人(笑)

edit↓ top↑

しごとはじめ


きのうから、お仕事が始まりましたー。

今年のお正月は、楽器が入院しちゃってショック。とか言ってる間に過ぎてしまった…

あ、でも雑司が谷の鬼子母神に初詣行ったり、久しぶりに会えた友達とセッション出来たり、それなりに有意義でした♪


来月は地元大分で、美人ヴァイオリニスト武内いづみさんと一緒に演奏させて頂きます

そのお知らせも近々(^_^)v

その前に…明日から九州行って来ます

edit↓ top↑

2012⌒☆


明けましておめでとうございます

辰年なので慈恩の滝の辰さんです。


昨年は、行ったことのない国へ行けたり、新しい場所で演奏出来たり、貴重な体験が出来た一年でした☆
今年は昨年得た物をもっとじっくり身に染み込ませていきたいな~と思ってます!

なんて、せっかく意気込んでいたのに、楽器の不調を発見してしまい早速消沈です。ショック…楽器屋さんよ、早く開いてくれ~(;_;)

ともあれ
今年もよろしくお願いします

edit↓ top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。